banner

最初の家庭用テレビゲーム機ファミリーコンピュータを発売

banner 1983年、任天堂は家庭用テレビゲーム機である「ファミリーコンピュータ」を発売します。
ファミリーコンピュータは、テレビにつなげるとブラウン管の画面を利用してさまざまゲームが楽しめるというカセット式ゲーム機でした。
社長の山内氏は、「粗悪なソフトに依存しなければ成功する」と判断し、独自のソフトを開発しました。
任天堂は最後発のテレビゲーム機メーカーで、多くの方面から「もう遅い」との声が高まるなか、山内氏は一気に100万台を超す大量生産を決断、販売価格を1万4800円としました。
当時、家庭用テレビゲーム機は、3~5万円はする高価なものでしたが、他社のゲーム機の半値以下という破格の値付けだったため、ファミリーコンピュータは大ヒットしました。

wii u ポイント

油圧ブレーカ

トンネル機械

サンドビック製のコーンクラッシャはこちら

移動式スクリーン

関連情報一覧

banner
任天堂が1983年、発売したファミリーコンピュータは子供たちの間で大ヒットしました。
当時の家

当時としては画期的だった簡単、お手ごろ感が受けた

banner
任天堂が1983年に発売したファミリーコンピュータを一躍世界的なものにしたのは、同社が手がけたゲーム

ファミコンを世界的にしたスーパーマリオブラザース

banner
現在はこれほど成長した大企業である任天堂ですが、その歴史はかなり古いものです。
任天堂は、18

いまや世界に冠たる任天堂、その歴史について

Copyright(c) 任天堂 All Rights Reserved.